JCBカード

JCB CARD Wはポイント還元率が高い&年会費無料のお得なクレジットカード!魅力を解説します。

JCB CARD Wは、株式会社JCBが発行している39歳以下限定*のクレジットカードです。
※39歳までに発行すれば、39歳以降でも保有できます。

株式会社JCBは、国際ブランドとしてはもちろん、カード会社としても名声を博しています。

カード名に「W」とあるのは、Oki Dokiポイントが通常のJCBカードの2倍貯まるためです。

通常還元率は1.0%と高水準であるのに加え、Amazonやスターバックス、セブンイレブンといった数々のJCB優待店で利用するとポイントが最大30倍も貯まります。

このようにポイントサービスに長けていながらも、年会費は永年無料というのが大きな魅力です。

本記事では、JCB CARD Wの概要、メリット、デメリットを詳しく解説します。

保有コストを抑えつつも効率よくポイントを貯められるクレジットカードをお探しの方は、ぜひ最後までお読みください。

JCB CARD Wが向いている人・向いていない人

JCB CARD Wは、39歳以下の方で年会費無料のクレジットカードを持ちたい方、ポイントを効率よく貯めたい方、海外旅行傷害保険が付帯しているカードをお探しの方に向いています。

一方で、40歳以上の方やハワイやグアム以外の地域をメインに利用したい方、国内旅行傷害保険の手厚さを求める方には不向きかもしれません。

JCB CARD Wの概要

JCB CARD Wの基本スペックは、以下のとおりです。

年会費無料(※申し込み時に18歳以上39歳以下の年齢制限あり)
ポイントの種類Oki Dokiポイント
ポイント還元率0.6%~
国際ブランドJCB
電子マネーQUICPay

JCB CARD Wの年会費・ポイント還元率・付帯保険・トラベルサービスについて詳しくご説明します。

年会費

JCB CARD Wは39歳以下の方が申し込めるクレジットカードで、入会後の年会費はずっと無料です。

カード更新時に40歳以上となっていた場合も、そのまま更新を行って永年無料で持ち続けられます。

また、家族カード・ETCカードについても無料で発行可能です。

ポイント還元率

JCB CARD Wでは、通常のJCBカードの2倍以上のOki Dokiポイントが貯まるという特長があります。

具体的には、1,000円(税込)ごとに2ポイントのOki Dokiポイントが貯まります。

Oki Dokiポイントには1ポイント5円相当の価値があるので、ポイント還元率は1.0%です。

クレジットカードのポイント還元率は、1.0%以上だと高還元だと判断される傾向にあるので、通常時からJCB CARD Wは高い還元率でポイントを貯められることが分かります。

JCB優待店でポイント最大20倍

JCB CARD Wを含むJCBブランドのクレジットカードは、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」という優待店で支払いに利用すると、Oki Dokiポイントが最大20倍貯まります。

優待店はネット店舗と実店舗の両方があり、大手ECサイトからコンビニ、ドラッグストア、グルメ、ファッションなど多岐にわたります。

いつもより多くのOki Dokiポイントをもらうには、事前のポイントアップ登録(無料)が必要な場合もあるので、事前に確認しておいてください。

以下では、2020年11月時点での各カテゴリの優待店の一例とポイント倍率をご紹介します。

カテゴリ店舗
ショッピングモール・百貨店
  • 高島屋(3倍)
  • Amazon.co.jp(4倍)
コンビニ・ドラッグストア
  • ウエルシア(2倍)
  • セブンイレブン(3倍)
カフェ・ファーストフード
  • モスバーガー(2倍)
  • スターバックス(10倍)
家電
  • ビックカメラ(2倍)
  • コジマ(2倍)
カーライフ
  • 出光昭和シェル(2倍)
  • タイムズパーキング(2倍)
グルメ
  • 磯丸水産(2倍)
  • ワタミグループ(3倍)
スーパー
  • 成城石井(2倍)
  • やまや(2倍)
ファッション・アウトドア
  • 洋服の青山(5倍)
  • AOKI(5倍)
レジャー・エンタメ
  • U-NEXT(2倍)
  • キッザニア(5倍)
トラベル
  • JCBトラベル(2倍~)
  • JCB海外おみやげサービス(10倍)

ポイントの使いみち

Oki Dokiポイントには、以下のような豊富な使いみちがあります。

  • 商品と交換
  • ポイントでお買い物
  • マイルやほかのポイントに移行
  • 支払金額に充当(1ポイント=3円)

商品と交換する際は、家電・グルメといったコースからほしいものを選んだり、保有しているポイント数から適したものを選んだりできます。

商品カタログはスマホやパソコンからも見ることができるので、ポイントを貯めるモチベーションを高めるために事前に見ておくのも良いですね。

また、Oki Dokiポイントでお買い物ができるサービスは大きく分けて4つあります。

1つめは、Amazon.co.jpです。

1度JCB CARD Wを利用してAmazon.co.jpでお買い物をすると、Oki Dokiポイントを支払いに利用できる「パートナーポイントプログラム」に自動で登録されるので、次回以降は購入金額に充当する形でOki Dokiポイントを使えます。

1ポイントには3.5円分の価値があり1ポイントから利用可能なので、ポイントが余ってしまう心配もありません。

次に2つめは、スターバックス カードです。

スターバックス カードの残高にチャージができるというもので、保有ポイント数によっては、MyJCBクーポンとの併用もおすすめです。

MyJCBクーポンとはスターバックス カードへのチャージ専用のクーポンのことで、Oki Dokiポイントと併用することでチャージが可能になります。

また、その際の購入代金はJCB CARD Wで支払います。

使い分けるときは、保有しているOki Dokiポイントが200ポイント未満である場合はポイントとクーポンの併用、200ポイント以上の場合はOki Dokiポイントの移行コースを利用するとお得です。

次に3つめは、商品券です。

百貨店や家具・家電販売店、宿泊施設やスーパーなどの対象店舗に設定してあるOki Dokiポイント即時交換サービス機を利用すると、Oki Dokiポイントを店舗で使える商品券や電子マネーに交換できます。

最後に4つめは、オンラインギフトです。

Oki Dokiポイントをオンラインギフトに交換すると、すぐに商品などの購入に利用できるギフトコード・ギフトIDが発行されます。

Apple Store & iTunes ギフトカードやGoogle Playギフトコード、Pontaポイントやnanacoポイントなど、さまざまなオンラインギフトに交換できるので、用途に合わせて選んでみてください。

また、以下のようなマイルやほかのポイントへの移行も可能です。

交換レートは統一されていないので、各提携先で確認するようにしてください。

  • JALマイル
  • ANAマイル
  • nanacoポイント
  • dポイント
  • 楽天ポイント
  • WAONポイント など

これだけ使いみちがあれば、きっとご自身に合ったOki Dokiポイントの活用法が見つかるはずです。

付帯保険

JCB CARD Wは、年会費無料ながら付帯保険が充実しています。

海外旅行やショッピングにおける損害の補償を受けられるので安心です。

以下では、各保険の詳細についてご説明します。

海外旅行傷害保険

まずは、海外旅行傷害保険についてです。

補償金額は最高2,000万円で、事前に旅行に関する料金(※)をJCB CARD Wで支払った場合に適用されます。

(※)「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金

引用:高いポイント還元率、年会費無料のJCB CARD W!|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

ショッピングガード保険

次に、ショッピングガード保険についてです。

補償期間内にJCB CARD Wを利用して購入した商品が、購入日から90日以内に偶然な事故によって損害を被った場合に補償を受けられます。

海外利用分が対象で、補償限度額は100万円です。

また、自己負担額として1回の事故につき1万円を負担する必要があるため、厳密には補償を受けられる金額は「購入金額-1万円」が限度となります。

補償期間内にJCB CARD Wを利用して購入した商品であっても、以下のような商品は補償の対象とならないのでご注意ください。

(1)船舶(ヨット・モーターボートおよび、ボートを含みます)航空機、自動車、原動機付自転車、自転車、ハンググライダー、サーフボード、セーリングボードおよびこれらの付属品
(2)義歯、義肢、コンタクトレンズその他これらに類するもの
(3)動物及び植物
(4)現金、手形、小切手、その他有価証券、印紙、切手、乗車券等(鉄道・船舶・航空機の乗車船券・航空券・定期券・宿泊券・観光券および旅行券をいいます)旅行者用小切手およびあらゆる種類のチケット
(5)稿本、設計書、図案、帳簿その他これらに準ずるもの
(6)自動車電話、携帯電話およびこれらの付属品
(7)食料品
(8)会員が従事する職業上の商品となるもの

引用:付帯保険内容照会|JCBカードのおすすめ保険

トラベルサービス

JCB CARD Wは、旅行や出張をより快適に過ごすため、トラベルシーンで役立つ以下のようなサービスを利用できます。

  • ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料(期間限定)
  • 海外Wi-Fiルーターレンタルサービスが優待価格に

以下では、それぞれについて詳しくご説明します。

ハワイ「ワイキキ・トロリー」乗車賃無料(期間限定)

2022年3月31日(木)までの、期間限定キャンペーンです。

ハワイのワイキキ・トロリー(ピンクライン)に乗車の際にJCB CARD Wを見せると、乗車賃が無料になるサービスです。

対象のピンクラインでは、ワイキキエリアにある主要ホテルやショッピングスポットと、ハワイ最大のショッピングセンターのアラモアナセンターを結び、循環運転が行われています。

通常は片道2ドルがかかりますがカードを提示すると無料になるので、ハワイ観光にぜひご利用ください。

海外Wi-Fiルーターレンタルサービスが優待価格に

JCB CARD Wをお持ちの方は、海外Wi-Fiレンタルサービス(JCB GLOBAL Wi-Fi)の利用に関して以下のような優待を受けられます。

  • 定価(エリア別定額料金×渡航日数)20%引き
  • 受渡/返却手数料無料

優待を受けるには、JCB GLOBAL Wi-Fi専用ホームページもしくは専用コールセンターからの申し込みが必要です。

また、利用料金をJCB CARD Wで支払うことも条件の1つになります。

JCB CARD Wのメリット・デメリット

ここでは、JCB CARD Wのメリット・デメリットについてご紹介します。

良い面も悪い面も理解して、ご自身に合ったクレジットカード選びの参考にしてください。

メリット

まずは、メリットをご紹介します。

年会費が永年無料

1つめのメリットは、年会費が永年無料である点です。

18歳以上39歳以下しか申し込めないという年齢制限はあるものの、入会後は40歳以上になってもずっと年会費無料で持ち続けられます。

クレジットカードの保有コストを抑えたい方におすすめの1枚です。

ポイント還元率が高く優待店が豊富

2つめのメリットは、ポイント還元率が高く優待店が豊富な点です。

JCB CARD Wでは通常のJCBカードの2倍以上のOki Dokiポイントが貯まるので、ポイント還元率は1.0%以上であることが保証されています。

また、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」という優待店を利用するとOki Dokiポイントが最大20倍貯まるなど、さらにポイント還元率を高められるのも魅力です。

年会費無料ながらポイントサービスに長けているのは、コスパの良いクレジットカードを持ちたい方にとって大きなメリットではないでしょうか。

海外旅行傷害保険が付帯している

3つめのメリットは、海外旅行傷害保険が付帯している点です。

年会費無料のクレジットカードには旅行保険が付帯していないものも多いなか、JCB CARD Wには最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯しています。

事前に旅行に関する料金をJCB CARD Wで支払った場合に適用されるので、支払いが必然的にJCB CARD WになるJCB会員専用の旅行会社「JCBトラベル」を利用するのも良いですね。

デメリット

次に、デメリットをご紹介します。

海外の一部地域では利用できないことがある

1つめのデメリットは、海外の一部地域では利用できないことがある点です。

JCB CARD Wの国際ブランドは、その名のとおり日本が誇るJCBです。

つまりJCB CARD Wは、JCBの加盟店で利用できるクレジットカードということになります。

JCB CARD Wは海外で優位に働く特典も多く魅力的ですが、国際ブランドとしてのJCBは、海外のなかでも特にハワイやグアム以外の地域に加盟店が少なく、利用できないことが多いという欠点があるのです。

よって、ハワイやグアム以外の地域を訪れる可能性が高いという方からすると、JCB CARD Wは利用シーンが少なく不便に感じてしまうかもしれません。

国内旅行傷害保険が付帯していない

2つめのデメリットは、国内旅行傷害保険が付帯していない点です。

年会費無料ということもあり、付帯しているのは海外旅行傷害保険だけで、国内での補償は受けられません

国内旅行の頻度が多くて万が一の事故やトラブルが不安という場合は、別途保険に加入するか、国内旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを併せ持つと良いでしょう。

JCB CARD W plus Lについて

株式会社JCBが発行するクレジットカードの1つにJCB CARD W plus Lがあります。

これまでご紹介してきたJCB CARD Wに「plus L」という言葉が加えられているこちらのカードは、JCB CARD Wのサービスに加えて女性にうれしい特典や保険サポートが利用できる1枚です。

女性にうれしい特典の1つめとしては、JCB CARD W plus L会員の方限定で豪華プレゼント企画に応募できるというものがあります。

プレゼント内容は月ごとに変わり、2020年9月はJCBトラベルで使える旅行代金1万円分やcinema LINA TOHOシネマズ映画観賞券などに応募可能となっていました。

次に2つめとして、さまざまな店舗で割引やポイントサービスといった優待を受けられます。

こちらも優待内容は月ごとに変わり、2020年9月は@コスメ定期便が1,100円OFF、スターバックス カードへのオンライン入金でポイント10倍といったものがありました。

また、女性のための保険サポートとして、女性疫病保険にお手頃な保険料で加入できるというものがあります。

女性特有の疫病による入院や手術費用の手厚いカバーを受けられる保険です。

保険料は年齢によって変わり、以下のように設定されています。

年齢区分月払保険料
満20~24歳290円
満25~29歳540円
満30~34歳670円
満35~39歳710円

参照:選べる保険|JCB LINDA

さらに、「選べる保険 お守リンダ」にも加入できます。

女性特定がん(乳がん・子宮がん・卵巣がんなど)やストーカー、ひったくりなどの被害が対象となっていて、必要なプランを選んでお手頃な掛金で加入が可能です。

JCB CARD Wとの違いは、これらの女性向けの特典や保険サポートを利用できるかだけで、年会費やその他のサービス内容にはまったく違いがありません。

女性の方はJCB CARD W plus Lを申し込む方が明らかにお得なので、検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

JCB CARD Wは、39歳以下の方が申し込める年会費永年無料のクレジットカードです。

家族カードやETCカードの維持費もかからないので、とにかく保有コストを抑えたい方にはぴったりだといえます。

ほかのJCBカードよりも2倍以上ポイントが貯まりやすく還元率は1.0%以上、そして優待店も充実しているので、ポイントの貯まりやすさでクレジットカードを選びたい方にも向いています。

年会費無料ながら、海外旅行傷害保険も利用付帯しており、トラベルサービスも利用できるので、旅行や出張に行くことが多い方をサポートしてくれることでしょう。

コスパの良いクレジットカードをお探しの方は、ぜひ申し込みをご検討ください。