条件別おすすめクレジットカード

審査なしでクレジットカードは作れる?即日発行できるカードを紹介

近年、キャッシュレス化が急速に進んでいる影響で、クレジットカードでの決済を前提としたサービスが増えてきています。

支払いの時にカードが必須な時や、生活費がピンチな時「すぐに作れるクレジットカードはないかな?」「早く作りたいけど審査に通るのか不安」など気になることがたくさんあるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではクレジットカードの審査にまつわる疑問や、審査なしで作れるクレジットカードがあるのかを徹底紹介します。クレカの審査について気になる点がある方はぜひ参考にしてくださいね。

審査なしで作れるクレジットカードはある?

結論から言うと、残念ながら審査なしで発行できるクレジットカードは存在しません。クレジットカードの申し込みの際は必ず申し込み時に与信審査が行われ、審査に通過しないとクレジットカードを受け取ることはできません。

そもそもクレジットカードの事業は、カード会社が一時的にあなたの支払いを立て替え、その後に請求をまとめて後払いするという仕組みで成り立っています。クレジットカードを利用して支払った金額は必ず返済しなければなりません。

そのため、カード会社は発行者に返済する能力があるかを審査してからカードを発行します審査基準はクレジットカード会社によって異なります。

クレジットカード発行の審査の際に主に見られているのは「信用と収入」の2点です。信用というのはいわゆる「クレジットカードヒストリー(クレヒス)」と呼ばれているもので、以下のような点が参照されます。

  • クレジットカードをどれくらい利用してきたか
  • 延滞や破産といった金融事故の有無
  • 一度に複数の会社のクレジットカードを申し込んでいないか

収入はただ単に年収が多いかを調べるのではなく、あわせて勤続年数や雇用形態も確認されます。

家族カードは審査なしでクレジットカードが持てる

クレジットカードの発行には審査が必要だと先ほど述べましたが、例外としては家族カードは審査なしで発行できます。

たとえば、会社員の主人がクレジットカードを発行した場合に夫婦で家族カードを利用できます。

申込者が審査に通ればクレジットカードを発行できるので、その家族は実質審査なしでカードが発行できるという仕組みです。

極端な例ですが、家族カードであれば無職または無収入の人でもクレジットカードが利用できるようになります。たとえば専業主婦(主夫)として家計を管理している人に特におすすめです。

注意点は

  • 即日発行ができない場合が多い
  • クレヒス(信用情報)が積み上げられない
  • 年齢制限がある

といった点です。年齢制限は18歳〜である場合が多いです。

家族カードのメリット・デメリット

家族カードのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①家族でまとめて契約するため、全員の使用状況がわかる

たとえば、家族3人がそれぞれのクレジットカードを持っている場合は、いくら利用しているか家族の使用状況はわかりません。

家族カードを持たせれば、引き落としの口座を一つにまとめるため、それぞれの使用状況を確認でき家計の管理がしやすい点がメリットです。

メリット②カード利用料金をまとめて支払える

メインカードと家族カードは単一の契約になるので、引き落としも1つの口座にまとめられます。異なるカード会社を使うとそれぞれの支払いを管理する必要がありますが、まとめることで家族でどれだけの金額を利用したかをすぐに把握できます

家族全員が同じカード会社のカードを利用すればポイントもまとめられるので、効率的にポイントを貯められます。

デメリット①利用可能金額が全カード合算になる

利用可能額は契約ごとに上限が決められますが、家族カードの場合は利用上限額を分割する形になります。

ショッピング枠もキャッシング枠もまとめて合算されるため、大きな買い物や家族で海外旅行をすると利用限度額に達してしまう可能性もあるため注意が必要です。

デメリット②etcカードは複数発行ができない

メインのクレジットカードを作り、同時にETCカードを作った場合、ETCカードは1枚だけ発行されます。家族カードの分はETCカードを作ることはできません。

そのため、車を2台以上保有している場合はETCカードを家族で使い回すか、他のETCカードに申し込む必要があります。

デビットカード・プリペイドカードも審査なしで発行できる

家族カードもクレジットカードを保有している親族がいないと発行ができませんが、「デビットカード」「プリペイドカード」であれば、審査なしで個人的に発行が可能です。

これらはクレジットカードと同じような機能でネット決済などでも問題なく使えます。

デビットカード、プリペイドカードは学生や無職の方でも作ることができ、カードによっては即日発行も可能です。以下でより詳しく紹介していきます。

デビットカードとは

デビットカードはカードでの支払いと同時に登録した銀行口座から支払い代金が引き落とされるカードです。クレジットカードとほぼ同様の機能ですが、口座からの引き落としが後払いではなく決済と同時なのが特徴です。

銀行口座を持っている人なら審査なしでカードが作ることができます。以下で詳しくデビットカードのメリットやデメリット(注意点)を紹介します。

デビットカードのメリット

デビットカードは後払い決済ではないため、銀行口座の残高分しか使用できないので使いすぎる心配がありません。クレジットカードのように返済が厳しくなるといったこともないので安心して使えます。

デビットカードのデメリット(注意点)

デメリットは以下の3つです。

  • 分割払いができない
  • 即日発行ができる銀行が少ない
  • 利用できない店舗やサービスもある

デビットカードは支払いの金額が即時引き落とされるため、クレジットカードのような分割払いやリボ払いはできません。

審査不要で発行できる点もデビットカードの魅力ですが、即日発行できる銀行は限られています。

また、一部店舗で利用できない店舗やサービスがある点にも注意してください。ネット決済でも使えるお店と使えないお店があるため利用店舗に事前に確認しておくといいでしょう。

プリペイドカードとは

プリペイドカードもクレジットカードやデビットカードと同じように店頭で利用できるチャージ式カードです。交通系、流通系、国際カードブランド付きなど種類も豊富。発行に審査はないため誰でも作れます。

プリペイドカードは即日で発行することが可能な物と日数を要するものがありますが、スマホアプリで利用できるものもあり、それは即日発行も可能です。

以下ではプリペイドカードのメリットやデメリット(注意点)をご紹介します。

プリペイドカードのメリット

プリペイドカードのメリットは以下の2つです。

  • 前払いチャージ式
  • 口座を持っていなくても作れる

プリペイドカードは事前に現金をチャージするカードのため、デビットカードと同様に使いすぎる心配がありません。

また、デビットカードは自身の銀行口座が必要ですが、プリペイドカードは銀行口座も不要で作れます。即日発行もでき、年齢制限も緩やかなため高校生でも所有できます。

プリペイドカードのデメリット

銀行口座も不要ですぐに発行できて便利なプリペイドカードですが、残高がなくなるたびにチャージが必要になる点は少々手間に感じるかもしれません。

チャージの方法が限られているカードもあるため、カードの種類によっては面倒に感じることもあります。

即日発行が可能なクレジットカード2選!

以下で紹介するカードは最短即日で発行ができるクレジットカードです。クレジットカードなため、審査は必要になりますが審査に通過さえすれば当日中にカードが手に入るのでぜひ検討してみてください。

ACマスターカード

 

年会費永年無料
ポイントの種類なし(毎月の利用金額の0.25%が自動でキャッシュバック)
ポイント還元率なし(キャッシュバック率0.25%)
国際ブランドMasterCard
電子マネーなし

ACマスターカードは年会費無料、最短で即日発行可能なカードです。一部の自動契約機(むじんくん)コーナーを利用すれば、その場でカードの発行もできます。ポイント還元はありませんが、利用金額のうち0.25%がキャッシュバックされる点が大きな特徴。

クレジット明細が自宅に送付されない設定も可能なのでプライバシーを守りたい方におすすめです。

SMBCモビット next

 

年会費永年無料
ポイントの種類Tポイント
ポイント還元率0.5%
国際ブランドMasterCard
電子マネーTマネー

テレビCMでも見かけることの多いSMBCモビット。多機能型のSMBCモビット next(Tカードプラス)はモビットカードローン、クレジットカード、Tカードの3つの機能が付いています。

モビットカード(一般タイプ)を発行していることが申込み条件となりますが、年会費無料、Tポイントもたまるクレジットカードです。三井住友銀行ATMで手数料無料のキャッシングと返済が可能なカードローンで、即日カード発行ができます。

審査なしで持てる!クレカの代わりになるおすすめのデビット・プリペイドカード

先ほど紹介した即日発行ができるクレジットカードは申込時に審査が必要となります。
そのため各社の審査基準に満たなければカードは発行されません。

審査に不安がある人は、審査なしで持てるクレジットカードの代替カードを利用してみてはいかがでしょうか。以下では審査が不要で便利なカードを紹介します。

バンドルカード

 

年会費永年無料
ポイントの種類なし
ポイント還元率なし
国際ブランドVisa
電子マネーなし

バンドルカードは年齢制限も審査もなく、誰でも作れるVisaのプリペイドカードです。ネット通販で利用できる「バーチャルカード」と実店舗で使える「リアルカード」が発行できます。

最大の特徴は、プリペイドカードなのにチャージ金額を後払いできる「ポチッとチャージ」という機能。この機能を使えばクレジットカードと同じように支払金額を後払いすることができます。

スマホで利用する場合は、まずはアプリをダウンロードしてください。その後、生年月日や電話番号を登録してバーチャルカードを発行すればすぐに使えるようになります。

りそな銀行デビットカード

 

年会費永年無料
ポイントの種類りそなクラブポイント
ポイント還元率0.5%
国際ブランドVisa
電子マネーなし

りそな銀行デビットカードはデビット機能付きICキャッシュカードのため、1枚2役と便利さが魅力です。

りそな銀行に口座を持っていればキャッシュカードで支払いができるほか、クラブポイントやマイルを貯めることができます。

Visaブランドのため、海外でも広く使うことができるのも嬉しいポイントです。

まとめ

クレジットカードの発行には必ず審査が必要です。審査にはクレジットヒストリー(クレヒス)や収入、会社の勤続年数などが重要視される傾向にあります。

そのため、審査に通るか不安がある場合は、まずは家族カードや審査の甘いクレジットカードの申し込みを選択肢に入れると良いでしょう。

また、クレジットカードの代わりにプリペイドカードやデビットカードを利用するのもおすすめです。クレジットカードとは異なる特徴があるためそれぞれのカードについて理解し、状況に応じて使い分けてみるのも良いでしょう。