セゾンカード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴は?海外でポイント2倍&旅行保険が充実でお得!

※セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードをセゾンブルー・アメックスと表記します。

セゾンブルー・アメックスは、カード会社の株式会社クレディセゾンと国際ブランドのAmerican Express(以下、アメックス)が提携発行しているクレジットカードです。

セゾンのクレジットカードというと有効期限がない永久不滅ポイントでお馴染みですが、セゾンブルー・アメックスはU25応援キャンペーンの対象で、26歳になるまで年会費無料です。

低コストながら海外・国内旅行傷害保険が充実しているので、海外に行く予定のある学生の方や社会人の方にとって非常に高コスパとなっています。

クレジットカードを探すときには、付帯保険の充実度に加えて、国内外でのポイント還元率を重視する方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方は、国内でのポイントが1.5倍になり補償内容もさらに充実するセゾンゴールド・アメックスを検討すべきでしょう。

本記事では、セゾンブルー・アメックスの概要、メリット、デメリットをはじめ、ご自身がセゾンブルー・アメックスに向いているのか、上位カードに向いているのかまでわかります。

セゾンブルー・アメックスが向いている人・向いていない人

セゾンブルー・アメックスは、25歳以下の方でクレジットカードの保有コストを抑えたい方、留学や海外旅行・出張の予定がある方に向いています。

一方で、すでに26歳以上の方、国内利用でポイントをたくさん貯めたい方は少し物足りないかもしれないので、上位カードのセゾンゴールド・アメックスをおすすめします。

セゾンブルー・アメックスの概要

セゾンブルー・アメックスの基本スペックは、以下のとおりです。

国際ブランドAMEX
年会費初年度3,300円(税込) ※初年度無料 ※26歳未満無料
2年目〜3,300円(税込) ※26歳未満無料
還元率常時0.5%
最大1.0%

セゾンブルー・アメックスの年会費・ポイント還元率・付帯保険について詳しくご説明します。

年会費

セゾンブルー・アメックスではU25応援キャンペーンが実施されているため、26歳未満の方は年会費無料です。

26歳以上の方は初年度年会費無料、2年目以降は3,300円(税込)で利用できます。

また、ETCカードは年会費無料、ファミリーカードは1枚につき1,100円(税込)となっています。

クレジットカードの保有コストを抑えたい学生の方や社会人の方におすすめの1枚です。

ポイント還元率

セゾンブルー・アメックスでは、通常時1,000円ごとに1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。

また、海外で利用するとポイントサービスの優遇があり、ポイント還元率が通常の2倍(1,000円ごとに2ポイント)になります。

永久不滅ポイントにはさまざまな使いみちがあり、Amazonギフト券などの1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合のポイント還元率は、通常時0.5%、海外では1.0%です。

一方、JALマイルやANAマイルと交換した場合は通常時0.25%~0.30%、海外では0.5%~0.6%のポイント還元率となります。

永久不滅ポイントには有効期限がないので、自分のペースで貯めたいだけ貯めて、理想の使いみちに活かすといったこともできます。

還元率を上げる方法

セゾンブルー・アメックスで還元率を上げる方法は、セゾンポイントモールを経由してネットショッピングをすることです。

セゾンポイントモールとは、ネットショッピングをする際に経由するだけで、サイト独自のポイントに加えて永久不滅ポイントが最大30倍貯まるポイントサイトのことです。

500以上のサイト、300,000以上のショップが出店しているので、普段利用しているネットショッピングサイトが対象となっているか確認してみてはいかがでしょうか。

付帯保険

セゾンブルー・アメックスは、安価な年会費ながら旅行傷害保険やショッピング安心保険がしっかりと付帯しています。

以下では、各保険の詳細についてご説明します。

海外旅行傷害保険

まずは、海外旅行傷害保険についてです。
補償金額は最高3,000万円で、安心の自動付帯です。

本会員はもちろんのこと、ファミリーカード会員の方も補償の対象に入ります。

ただしファミリーカード会員の方の補償金額は、最高1,000万円ですのでご注意ください。

国内旅行傷害保険

次に、国内旅行傷害保険についてです。

補償金額は海外旅行傷害保険と同じく最高3,000万円で、ファミリーカード会員の方も補償の対象に入ります。

海外旅行傷害保険とは異なり、旅行代金をセゾンブルー・アメックスで支払っている場合といった利用条件があるので注意が必要です。

ショッピング安心保険

最後に、ショッピング安心保険についてです。

ショッピング安心保険では、国内外問わずセゾンブルー・アメックスを利用して購入した物品が破損・盗難などの損害を受けた場合に、補償を受けられます。

補償対象となるのは購入日から120日が経過するまでで、年間100万円までです。

ショッピング安心保険には、損害を受けた金額のうち自己負担するものとして、1事故につき1個または1組につき1万円の自己負担金が設定されています。

1万円未満の損害額や、故意・重大な過失・商品の欠陥・消耗などの場合は対象外です。

セゾンブルー・アメックスのメリット・デメリット

ここでは、セゾンブルー・アメックスのメリット・デメリットについてご紹介します。

良い面も悪い面も理解して、ご自身に合ったクレジットカード選びの参考にしてください。

メリット

まずは、メリットをご紹介します。

年会費がお得

1つめのメリットは、年会費がお得である点です。

26歳になるまで年会費が無料なので、通常3,300円(税込)の年会費がかかるセゾンブルー・アメックスを、26歳未満の方は最大8年間も無料で持てることになります。

また、26歳になってからも保有可能で、その場合は初年度無料です。

海外・国内旅行傷害保険の両方が付帯していることも考えると、26歳以降にかかる3,300円(税込)という年会費はそう高くもないと感じる方も多いのではないでしょうか。

オンライン申し込みで最短即日発行可能

2つめのメリットは、オンライン申し込みで最短即日発行な点です。

セゾンブルー・アメックスを利用してショッピングをしたい、旅行・出張の予定が急に入って旅行傷害保険が必要になったなど、急ぎでクレジットカードを作りたい方にぴったりです。

即日発行を希望する場合は、必ずオンラインで申し込み、審査通過後のセゾンブルー・アメックスの受け取りは指定したセゾンカウンターでおこなう必要があります。

19:30以降の申し込みは翌日手続き扱いとなってしまい、また審査にもある程度の時間を要するので、できるだけ時間に余裕を持って申し込んでおきましょう。

注意点として、付属カードであるETCカードを同時に申し込んだ場合は即日発行が難しく、追加で1~2日ほどかかってしまうことがあります。

いずれはETCカードがほしいけど急ぎで必要なのはセゾンブルー・アメックスだけなのであれば、ここでのETCカード申し込みはしないでおくのがおすすめです。

また、近くにセゾンカウンターがないなどで即日の受け取りが難しい場合は、オンライン申し込みのうえ郵送受け取りを選択すると、審査結果メールが到着した日の翌日から数えて最短3営業日にカードが発送されるので、比較的早く手に入れることもできます。

株式会社クレディセゾンが発行するクレジットカードは、申し込みからカード受け取りまでのスピーディーさに長けているので、すぐにカードを作りたい方やお忙しい方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

西友・ロフト・パルコで5%OFF優待を受けられる

3つめのメリットは、西友・ロフト・パルコで5%OFF優待を受けられる点です。

セゾンブルー・アメックスでは、西友(系列店含む)・ロフト・パルコそれぞれで以下のように優待日が設定されており、優待を受けるには、支払いをセゾンブルー・アメックスで行う必要があります。

店舗名優待日
西友・リヴィン・サニー毎月第1・第3土曜日、特別開催日
ロフト毎月月末の金土日曜日、年数回の優待会
パルコ毎月第1土・日曜日

上記の店舗をよく利用する方は、ぜひセゾンブルー・アメックスを利用して食料品や日用品をお得に購入しましょう。

年会費が安いのに海外旅行傷害保険が充実している

4つめのメリットは、年会費が安いのに海外旅行傷害保険が充実している点です。

一般的に、クレジットカードに付帯している旅行傷害保険は、ゴールドカードやプラチナカードなどの年会費が高めに設定されている高ステータスなカードほど充実した補償内容になっていることが多くなっています。

セゾンブルー・アメックスは、26歳になるまで年会費無料なので学生でも気楽に保有することができるのに、最高3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しているのです。

また、万が一海外で病気にかかったり事故に遭ったりしてしまった際は、緊急アシスタンスサービスを受けられます。

緊急アシスタンスサービスでは、日本語を話せる現地医師の紹介、救急車や救急病院の手配などを行っていて、充実したサポート内容となっています。

このような充実した海外旅行保険に実質無料で加入できるため、補償の手厚さには申し分ないといえるでしょう。

デメリット

次に、デメリットをご紹介します。

26歳以上だと年会費がかかる

1つめのデメリットは、26歳以上だと年会費がかかる点です。

年会費が無料になるキャンペーンは25歳以下の方が対象なので、無料で保有していた方も26歳になると3,300円(税込)の年会費がかかってきます。

保有コストを抑えるためにセゾンブルー・アメックスを申し込んだ場合は、いずれは年会費がかかってくることに注意が必要です。

国内利用で永久不滅ポイントを貯めにくい

2つめのデメリットは、国内利用で永久不滅ポイントを貯めにくい点です。

セゾンブルー・アメックスの国内でのポイント還元率は0.5%です。

一般的にポイント還元率は1.0%を超えると高還元といわれるので、国内利用でポイントをたくさん貯めたいと思っている方には不向きかもしれません。

セゾンブルー・アメックスの上位カードであるセゾンゴールド・アメックスは、国内利用でポイントが1.5倍になるだけではなく、セゾンPortalアプリ内にあるセゾンクラッセというサービスで★6クラスに達すると永久不滅ポイントが常時2倍になるという特典があります。

つまり、国内では最大1.25%のポイント還元率になるのです。

すでに26歳以上で年会費11,000円(税込)が苦ではないという方は、国内でも効率的に永久不滅ポイントを貯められるセゾンゴールド・アメックスの方がメリットが大きいでしょう。

海外の一部地域では利用できないことがある

3つめのデメリットは、海外の一部地域では利用できないことがある点です。

セゾンブルー・アメックスはその名のとおり、セゾンとアメックスによって提携発行されています。

国際ブランドはアメックスであるため、アメックスの加盟店で利用できるクレジットカードということになります。

セゾンブルー・アメックスは海外利用でポイント2倍になったり保険も充実していたりと魅力的ですが、国際ブランドとしてのアメックスは、海外のなかでも特にアジアや中東に加盟店が少なく、利用できないことが多いという欠点があるのです。

よって、アジアや中東を訪れる可能性が高いという方からすると、セゾンブルー・アメックスは利用シーンが少なく不便に感じてしまうかもしれません。

まとめ

セゾンブルー・アメックスは26歳になるまで年会費が無料なので、学生の方や社会人になりたての方にはうれしい1枚です。

26歳になっても3,300円(税込)と比較的安めの保有コストで、有効期限のない永久不滅ポイントを貯めながら、充実した海外・国内旅行傷害保険や西友・ロフトでの優待を利用できます。

国内でのポイント還元率は0.5%とまずまずなので、より効率的にポイントを貯めたい方は、よりグレードを上げた年会費11,000円(税込)のセゾンゴールド・アメックスもおすすめです。

保険の補償金額もアップし、海外空港ラウンジの利用特典もあるので、より旅行や出張で活躍してくれます。

25歳以下の方でクレジットカードの保有コストを抑えたい方、でも旅行傷害保険が付帯していると安心という方は、ぜひセゾンブルー・アメックスの申し込みをご検討ください。