クレジットカードの基礎知識

クレジットカードのサイン・署名は必要?正しい書き方や注意点を解説

キャッシュレス化が推進されている現在、クレジットカードは今や必須と言ってもいいほど生活に浸透してきています。

クレジットカードは利用に際して必ず裏面に自身のサイン(署名)が必要であり、支払いの際にサインを求められるケースも多いですよね。

そもそも、クレジットカードの支払いにはなぜサインや暗証番号が必要なのでしょうか?大きな理由は不正利用を防ぐためですが、ほかにも様々な理由があります。

そこで、この記事ではクレジットカードのサイン(署名)についての疑問や注意点を徹底解説します。はじめてクレジットカードを利用する人はぜひこの記事で疑問を解決してくださいね。

クレジットカードの署名欄に記入が必要な理由

新しいクレジットカードが届いたとき、最初にするべきことがカード裏面の記入欄にサイン(署名)をすることです。サインは

  • 漢字
  • ひらがな
  • カタカナ
  • 英語(ローマ字)
  • 筆記体

など、自身の好みの文字で書いてしまって大丈夫です。サインが必要な理由としては、クレジットカードの不正利用を防ぐためというのが大きな理由です。

クレジットカードを店舗での決済に使うと、レシートにサインを求められることが多いですよね。この時、店舗側でカードの署名欄と店舗でのサインを照合し、カード所有者と利用者が一致していることを確認します。

この作業によってカードの所有者が実際に支払いをしたという証拠が残せるというわけです。店舗側は記入されたサインを元にカード会社に対して決済金額を請求します。そのため、クレジットカード裏面のサインとレシートのサインが一致していないと、店舗はカード会社に決済金額を請求できなくなります。

そのため、クレジットカードの不正利用が疑われると、店舗側はクレジットカード決済を拒否します。このようにクレジットカードのサインは不正利用防止の意味を持っています。

カード記入欄のサイン(署名)がないと利用を断られる可能性も

クレジットカード裏面の記入欄にサインをし忘れていた場合はどうなるでしょうか。多くの場合はその場でペンを手渡され、裏面へのサインを求められますが、署名を拒否するとカードでの支払いができなくなります。

クレジットカードの利用者が所有者本人であることが確認できれば、その場でクレジットカードにサインをすることも可能です。しかし、署名を拒絶するといった理由で不正利用を疑われると、クレジットカードによる決済ができなくなります。

そもそも、署名欄にサインがないクレジットカードの使用は、カード会社の規約に違反していて利用できません。店舗側もクレジットカードの利用者が所有者本人であるかどうかを確認できないため、日本クレジットカード協会の定めるルールでは、利用を拒否できることになっています。

クレジットカードで支払うときにサイン(署名)が必要な理由

店舗でクレジットカード決済をするときに、多くの場合はレシート(伝票)やタブレット端末へのサインが必要になります。この時にサインが必要な主な理由は以下の3つです。

  1. クレジットカード所有者本人であることを確認するため
  2. クレジットカード利用者が支払い金額に同意した証拠になるため
  3. クレジットカードの不正利用を防止するため

それぞれについて、以下に説明します。

カードの所有者(本人)であることを証明するため

クレジットカード決済では、店舗側はカード利用者がクレジットカードの所有者本人かを確認する必要があります。仮に確認せずにカードが不正利用された場合、店舗側に賠償責任が生じてしまいます。

このようなカードの不正利用を防止するために、店舗側では伝票やタブレット端末にクレジットカード利用者にサインを求めます。

サインが支払い金額に同意した証拠となるため

店舗側はカードでの決済者が内容を確認し、支払い金額に同意したという証拠を残す必要があります。決済時に店舗側から求められるレシートへのサインに応じることで、クレジットカードの所有者本人が決済内容を承認した証拠になります。

店舗側は、このサインされたレシートなどをカード会社に送付することによって売上代金を回収します。

カードの不正利用を防止するため

先程述べた通り、クレジットカードの不正利用を防止するためにもカード決済時のサインは必要です。

決済時のサインとカード裏面のサインが不一致あるいは筆跡が大きく異なる場合、そのカードの利用者が所有者本人でない可能性があり、不正に利用されていることが疑われます。カード決済時のサインには、このような不正利用をあらかじめ防止するという役割があるのです。

カード決済時のサインカード裏面の署名と同じ文字で記入しよう

店舗でクレジットカード決済をする場合、カード署名欄のサインとレシート(伝票)のサインが同じ自体でなければなりません。

たとえばカード記入欄のサインが漢字であれば決済時のサインも漢字で、英語、ひらがな、筆記体などで記載した場合もカードとレシートのサインは揃える必要があります。

あわせて名前の表記の仕方も同様です。フルネーム、イニシャル、姓のみ、名前のみなどもカードとレシートで同じでなければなりません。

筆跡が極端に異なっている場合、クレジットカードの不正利用が疑われ、店舗からサインの不一致を指摘されます。その場合はサインを書き直すよう求められるか、決済を拒否される可能性があります。もちろん、家族による代筆も認められません。

このように、クレジットカードで決済をした時はカード記入欄のサインとレシートのサインが同じであることが求められます。カード裏面にサインする際は、不正利用されにくいサインであると同時に、決済時に不一致が起こりにくいサインにすることも大事なポイントです。

カード決済で署名が必要ない場合もある

店舗でのクレジットカード決済は基本的にサイン(署名)が必要ですが、最近はサインが不要な場合も増えてきています。店舗によっては暗証番号が必要な場合もあれば、サインも暗証番号も不要な「サインレス決済」を導入している店舗も増えています。

ここでは、暗証番号の入力による決済とやサインレス決済について説明します。

暗証番号の入力

暗証番号を求められた場合は、カード作成時にカード会社に提出した4桁の暗証番号をレジの専用機器に入力します。ICチップ付きのクレジットカードでは、ICチップに暗証番号が埋め込まれていて、入力した番号と照合されます。

暗証番号の入力間違いを何度も繰り返すとカードのロックがかかり再発行が必要となっていしまうため、どうしても思い出せない場合はサインに変更してもよいかどうかを店員に確認しましょう。

サインレス決済

サインレス決済はクレジットカード決済時にサインも暗証番号も必要がない決済方法です。サインや暗証番号による決済よりも会計時の手間が省け、レジの混雑を緩和できる便利なシステムです。

最近では、ほとんどのスーパーやコンビニ、ガソリンスタンドなど多くの場所でサインレス決済が導入されています。利用者、店舗側とともに決済スピードが格段に上がる便利なシステムですが、デメリットもあります。

クレジットカードを紛失した場合、サインや暗証番号の称号がないため不正利用のリスクが高まります。そのリスクを減らすため、サインレス決済では決済金額に上限が設けられ、高額の支払いができないようになっています。

上限額は店舗によって異なりますが、一般的にスーパーは3万円以下、コンビニの場合は1万円以下が多いです。

クレジットカードのサイン(署名)の注意点

新しいクレジットカードを利用するとき、裏面のサインをどのようなサインにしようかと迷う人もいるのではないでしょうか。最後にカードの裏面にサインをする際の注意点を紹介します。

かっこいいサイン(署名)にしたい場合は不正利用に注意

クレジットカード裏面のサイン(署名)を「かっこいいサインにしたい」という方も多いのではないでしょうか。たとえば文字を崩したりスラスラ書かれているような著名人のサインはかっこよくて憧れますよね。

しかし、クレジットカード裏面の記入欄はスペースが限られているため、凝ったサインを書くのは困難です。

反対に、シンプルに「A.F.」などとアルファベットによるイニシャルだけにするのもかっこいいかもしれませんが、短すぎるサインはマネされやすいためおすすめできません。

シンプルにするとかっこよく見えるかもしれませんが、不正利用のリスクが高まるため、自分らしさを含ませた文体にするといいでしょう。

サイン(署名)は適当に書いても大丈夫?

適当なサインでも問題はありませんが、誰にでもマネができる簡単なものもマネされやすいので避けましょう。サインは本人を証明するために必要なので、適当に書きすぎるのはオススメしません。

セキュリティ面やカード決済時に同じサインをしなければならないことを考えた場合、漢字によるフルネームで慣れている書き方がおすすめです。

漢字がおすすめな理由は、漢字は書く人の癖が出やすく筆跡をマネしにくいからです。特に海外での利用が多い方はより不正利用のリスクを低くできるでしょう。普段少し崩した文字で名前を書いている人なら、その書き方をおすすめします。

サイン(署名)の書き直しはできる?

新しく届いたクレジットカードの記入欄にサインを書き間違えた場合、上書きするのはご法度です。修正したカードを店舗で使用した場合に、不正利用を疑われる恐れがあるためです。

書き間違えた場合や「ローマ字で書いたが漢字にしたい」など、記入後にサインを変えたいときは、まずはカード会社にまず問い合わせてみましょう。通常は再発行してもらえます。

また、長年カードを使用していると、サインの文字が見えにくくなったり、サインが消えたりする場合もありますよね。そのような場合も上から書き直すのではなく、まずはカード会社にどうしたらよいかを問い合わせてみましょう。

サイン(署名)はどのペンで書くべき?

初めてのカード発行でサインを書く場合どのペンで書くべきか迷う方もいると思います。一口にペンと言ってもボールペン、サインペンなどさまざまな種類があります。結論から言うと、どんな種類のペンを使っても問題はありません。

ただし、水性のペンは消えやすいため避けて油性のペンで記入するのが無難です。おすすめは油性のフェルトペンやマーカーペンです。ボールペンも油性なら問題ありません。

まとめ

クレジットカードのサインにまつわる重要性・疑問についてまとめました。クレジットカードにはサインをしておかないと不正利用のリスクが高まるため、必ずサインをしておきましょう。